高橋周平選手の成績や年棒は?中日ドラゴンズ入団前後の紹介や登場曲、怪我の具合はいかに!

スポンサーリンク
中日ドラゴンズ

こんにちは!KENTAです!

今回は、頼れるチームのキャプテンである「高橋周平」選手についてご紹介していきたいと思います!

高橋周平選手について全く知らなくてもこれさえ読めばわかる!というものを目指して書いていくのでぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

それではいってみましょー!!

高橋選手のプロフィール

まずは高橋選手の基本情報!

やはり何事も基本から入らないとですよね!

生年月日:1994年1月18日

神奈川県藤沢市の出身です!

小学校1年生のころから野球を始めます。

今は内野手(主にサード)ですが、この頃はピッチャーとして活躍していました!

そして中学に入ると、ボーイズという硬式野球をやるチームに所属。

なんと中学2年の時に日本一になっています!!!

やはりプロ野球選手になる人の経歴は圧倒的ですね!

日本一なんてそう簡単になれるものではありません、、、

中学生の時には地元の名門「横浜高校」に憧れを抱いていましたが、

東海大甲府のコーチからの誘いを受けて、東海大甲府高校に進学することになります!

東海大甲府時代

この高校では1年生の春からなんと、、、

4番サードで公式戦に出場!!

同年秋からはショートに抜擢されます!

ポジションがなぜ変わったか
秋になると3年生が引退し、新チームが発足します!
高橋選手はその過程でサードからショートにポジションが変わったのだと考えられます!

3年生になると春の大会では打率.471の超好成績!

これはほぼ2回に1回はヒットを打っているという計算になります!

残念ながら甲子園には届きませんでしたが、同年8月に開催されたアジア選手権で日本代表に選出!

日本の優勝に大きく貢献するMVPを獲得しています!

中日ドラゴンズへの入団

甲子園には出ていませんが、確かな実力をスカウトに評価され、ドラフト会議では

  • オリックス・バファローズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ

の3球団が競合するという史上初の快挙を達成!

見事中日ドラゴンズが交渉権を勝ち取り入団が決まります!

出典:Wikipedia

入団が決まった時の高橋選手の背番号は31

かつて森野将彦選手がつけていた背番号です!

成績と年棒

ここでは実際の成績と年棒をみていきましょう!

成績

昨シーズンのものから3シーズン分振り返っていきます!

2019年
出場試合数:117試合
打率:.293
安打数:126本
打点:59点
出塁率:.345
HR数:7本

2018年
出場試合数:128試合
打率:.254
安打数:110本
打点:69点
出塁率:.305
HR数:11本

2017年
出場試合数:41試合
打率:.233
安打数:30本
打点:10点
出塁率:.306
HR数:2本

2019年が覚醒の年でしたね!

怪我がなければ首位打者のタイトルも獲得できたかもしれません、、

惜しかった、、、

年棒

これも3シーズン分振り返ってみたいと思います!

2020年:6000万円

2019年:3500万円

2018年:1650万円

2019年から2020年にかけての上がり幅がすごいですね!!

高橋選手の持ち味

基本情報が終わったところでここからは高橋選手の持ち味について詳しく解説したいと思います!

まずはなんといってもバッティングではないでしょうか!

高校生のころから130メートル以上の打球を飛ばすとんでもない打撃力がウリでしたが、現在でもその打撃は光り輝いています!

現在では、5番バッターとして得点圏できっちりと中日の点を稼ぐかのごとく、ヒットを量産しています。

高校時代はホームランを量産していたみたいですが、プロに入ってからはヒット性の打球が多いアベレージヒッターに変わっています!

きっとこのバッティングの変化は、プロ野球で通用するために変えた部分なのでしょう。

三振をしない

高橋選手をみていると三振をしない印象があります!

高校時代にはこんなことをいっていました!

ボールを呼び込んで、ポイントを近くにして打つことを意識している

ギリギリまでボールを呼び込み、自分の近くにくるまでボールを長くみているからこそ三振が少ないのだと思います!

ストライクかボールか際どい球は、うまくバットに当ててファールにする。

そしてピッチャーが投じた甘い球を狙って確実にヒットにする。

高橋選手の打席ではこのようなことが行われている気がします!

高橋選手が三振をしない理由にはこの要素もあります!

ボールをギリギリまで見るには、自分の近くに来たボールを素早くバットを出して打つ必要があります!

高橋選手はバットを振る速さ(スイングスピード)がとても速いからこそ、このようなことができるんですね!

スイングスピードをあげるのには本当に努力が必要です!

僕は高校の時、1日1000スイングくらいしていましたが、それでもほんのちょっと早くなるだけです、、、

守備の安定さ

高橋選手はバッティングだけだと思われがちですが、非常に守備が安定している選手なのをご存知でしょうか?

昨年はゴールデングラブ賞をとるほど、安定した守備力を誇る高橋選手。

肩が強いのも持ち味の一つであり、サードからの送球が安定しています!

また得意のサードに専念することでバッティングに集中できるという利点もあるみたいです!

痛烈な打球が飛んでくるサードで、守備範囲も広く

バントの時に前に走って威圧感を出すチャージを積極的にできる強いメンタルも持ち合わせています。

この守備の安定性なくしていまのドラゴンズはないと言っても過言ではないでしょう。

ぜひバッティングだけでなく、守備にも注目して見てみてください!

出典:https://www.chunichi.co.jp/article/50720

  • ヒット性のあたりが多い
  • 得点源での勝負強さ
  • 三振をしない
  • 守備が安定している

高橋選手の人物像

ここでは高橋選手の人物像を紐解いていきたいと思います!

・努力家

京田選手の時にも書いたのですが、高橋選手もとにかく練習をしている選手です。

あ、ちなみに京田選手の紹介記事はこちらになりますので、ぜひご参考に〜!

東海大甲府時代のコーチの話によると、

誰よりも早くグラウンドに現れて、誰よりも遅くグラウンドにいる

こう話しています。

一流のプロ野球選手になる人は決して才能だけではないんですね。

人一倍野球が上手い素質があったかもしれないけど、

それを誰よりも長い時間磨き上げ、自分のモノにしている。

本当の天才って、努力ができるひとのことかもしれませんね。

・優しい

中日ドラゴンズのセカンドである「阿部寿樹」選手がこんなことをいっています。

周平は優しい。性格に嫌味がなく、いるだけで場の空気を和ませてくれる存在だ。

昨シーズンからとんでもない好成績を残しているのにもかかわらず、決しておごることなく周りの人に接しているのがこの発言からわかります!

また、

打つとチームが盛り上がる。あいつ(周平)のチームです。でも本人はそうは思っていない。それが周平の良さです。

ともいっています。

優しい人柄と、頼もしさが伝わってくるコメントでした!

・実はお茶目??

先日Twitterでこのような写真を見つけました!

出典:Twitter

阪神甲子園球場で試合前に京田選手にベロを出している瞬間です!

なんともかわいらしくお茶目な一面だなと思い、思わず保存してしまいました、、

チームメイトにはこのような一面も見せていることから、明るく少しやんちゃな性格も持ちわせているようですね!

個人的に好きなところ

最後に僕が好きな高橋選手のいいところを紹介します!

ものすごく謙虚

高橋選手が1試合で2本ヒットを打った翌日にこんな感じの記事が出ていました。

4打席あって2本打てたけど、残りの2本がどうして打てなかったのかを考えてます。

プロ野球の世界で1試合に2本もヒットを打っていたらそれこそ大活躍と呼べるくらいの結果です!

しかし周平選手は1試合に2本のヒットでも満足しない

結果が出なかったところをきちんと反省するという、すごく謙虚でひたむきな野球に対する姿勢を持っているのんだなと感じました。

出典:https://nikkenndayo.com/2020/08/24/%e4%ba%ac%e7%94%b0%e9%99%bd%e5%a4%aa%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81/

勝ちがかかった時の集中力

周平選手はここぞというときの集中力がすごく高いと感じます!

たとえば自分がヒットを打てば点が入るというシーンだと、簡単にストライクのボールを振るのではなく、

タイミングや球質に合わせてしっかりとボールをミートする繊細さが発揮されています。

これはこういう1打席でしっかりと集中し、1球1球を大事にしているからこその結果なんだと思います。

また、バッティングだけではありません。

自分がホームに入れば点が入る!けどタイミングギリギリ、、、

そんな時は思い切ったヘッドスライディングを見せる時があります!

こういうここぞという集中力が他の選手よりも高いのかなと思いました!

まとめ

今回は高橋周平選手についてかんたんにまとめてみました。

僕個人で感じた部分を書いたりしているので、これを読んでくださった人とは違った見方だったかもしれません!

いや周平はこうだよ!とかこういうエピソードあったよ!

というものがあればぜひ教えてください!

情報を追加していきたいと思います!

では最後にまとめておきますね!

  • 東海大甲府→ドラフト1位で入団
  • ヒット性のあたりが多いアベレージヒッター
  • 努力家で優しく、お茶目な一面も
  • ヒットを打つと盛り上がる頼れるチームのキャプテン

読んでいただきありがとうございました!

他にも中日ドラゴンズについてまとめた記事があるので読んでみてくださいね!

少しでも中日ドラゴンズについて知ってもらえたり、今まで知らなかったことが知ってもらえたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました